9月に抜け毛が多い理由

9月に抜け毛が多いのは

9月に抜け毛が多い理由はコチラ


9月に抜け毛が多いのは、次のようなことが原因です。

夏の暑さによる寝不足

夏バテによって体が疲れ血流が悪くなる

夏の紫外線による髪の毛への影響


また、動物は秋になると、夏の毛と冬の毛が生え替わります。

この生え替わりの遺伝子が、人間に残っているためとも言われています。


これらの原因は、1、2ヵ月遅れて抜け毛という結果をもたらします。

ですので、9月、広くは秋に抜け毛が多くなります。


頭髪専門病院への問い合わせが1年を通して最も多いのが10月だそうです。

そのため、日本毛髪科学協会は、10月20日を「頭髪の日」(10=とう、20=はつ)と定めているほどです。


通常、毛は1日に50〜100本自然に抜けます。

それが秋には増えます。

ダメージが大きい場合は、200〜300本毎日抜けてしまいます。


<秋の抜け毛対策>
アミノ酸系シャンプー、育毛剤・・・と考えてしまうかもしれません。

でも、秋に抜ける予定になっている毛に、いくら育毛剤を使っても抜けるものは抜けます。


あまり悩まないことが肝心です。

強くブラッシングをしないとか、ポニーテールのような髪の毛を引っ張るくくり方をしないなどの注意をすれば、1日に抜ける本数は減ります。


抜ける毛よりも、新しく生えてきた髪の毛を育てる方に意識を向けることが大切です。


<髪を育てるために手軽にできること>
運動:なんでもかんでも運動と言われると思われるかもしれませんね。

でも、運動することで筋肉の緊張がやわらぎ、血流がよくなるのです。

血流が悪くなると、毛根へ栄養が届きません。


シャンプー:髪の毛が抜けると思って怖がらずに、1日の終わりにはシャンプーをして頭皮を清潔にしましょう。


アミノ酸の補給:髪の毛はタンパク質でできています。

タンパク質はアミノ酸から合成されるので、髪の毛を育てるにはアミノ酸が必要です。

私たちの体に必要なアミノ酸は20種類あります。

これをバランスよく摂る必要があります。

それには、かたよりのない食生活を心がけましょう。