枕に抜け毛がいっぱい!その原因と対策

枕に抜け毛がいっぱい!その原因と対策について

枕に抜け毛がいっぱい!その原因と対策


ブラッシングするとブラシに髪の毛がつきます。

これはわかります。

でも朝起きると、枕に抜け毛がいっぱいついている。

これってとても不安になります。

何もしていないのに、髪の毛が抜けているのですから。


でも、抜け毛の本数や毛の質にもよります。

毎日、50本〜100本は健康な人でも毛が抜けているのです。

もちろんその替わりに成長した新しい髪の毛が生えてきます。

一概には言えませんが、10本程度枕についていてもだいじょうぶです。


問題は、抜けた髪の毛の状態です。

細い毛だとまだ生えて間もない髪が抜けている可能性があります。


抜け毛が枕についてしまう原因

<頭皮が不潔>
シャンプーで髪の毛を洗っても、頭皮が洗えていない場合が考えられます。

頭皮に余分な皮脂や汚れが残っていると、雑菌が繁殖しやすくなります。

頭皮の環境が悪いと、髪の毛が育たなくなり、抜け毛の原因になります。


<枕が不潔>
髪も頭皮も清潔にしたのに、枕が不潔で雑菌でいっぱいではなんにもなりません。

雑菌が清潔な髪や頭皮に移って、寝ている間に髪の毛の成長を止めてしまいます。


<睡眠不足>
健康な髪の毛が育つには、成長ホルモンが大切です。

成長ホルモンは睡眠時に活発に分泌されます。

寝入ってから3時間、特に最初の90分間に多く分泌されます。


寝る時間帯はあまり関係ありません。

夜10時から深夜2時までの間に成長ホルモンが多く分泌されるので、この間(ゴールデンタイム)に寝るのがよいとされていました。

しかし、最近の研究では、この説が否定されつつあります。


抜け毛が枕につくのを防ぐには

<夜にシャンプーをする>
朝シャンをするので、夜はシャンプーをしないということはありませんか。

余分な皮脂や汚れを取り除かないまま寝ると、寝ている間に毛穴がつまる恐れがあります。

また、雑菌が繁殖しほうだいですので、頭皮を傷めてしまいます。

必ず1日の終わりにシャンプーをするようにしましょう。

ゴシゴシ洗って頭皮を傷めないように注意しましょう。


どうしても朝シャンしたい人は、頭皮を洗わずに髪の毛だけを洗うといいですね。

頭皮を夜も朝も洗うと、必要な皮脂が洗い流されてしまうので、頭皮が乾燥します。

頭皮の乾燥も抜け毛の原因です。


<枕を清潔にする>
定期的に枕の天日干しと枕カバーを洗って清潔にしましょう。

めんどうなら、ファブリーズなどの除菌剤を使ったり、枕にタオルを巻くという対策でもいいですね。

タオルなら毎日でも替えることができます。


<睡眠を十分とる>
成人で1日の睡眠時間は約7時間と言われています。

夜6時間、昼1時間で合計7時間でもOKです。

これを分割睡眠と呼んでいます。


それでも7時間は無理!という方は、寝入った3時間は途中で起きないようにしましょう。

先に書きましたように、成長ホルモンは寝入った最初の3時間に多く分泌されますので。

それには、寝る前のカフェインやアルコールの摂取はNGです!