髪の毛を濡れたままにすると毛が抜けるの?

髪の毛を濡れたまま放置すると毛が抜けるって本当?

髪の毛を濡れたままにすると毛が抜けるの?


<結論>
髪の毛を濡れたままにすると毛が抜けて薄毛になります。


<理由1>
髪は水に濡れると、水を吸収してふくらみます。

髪の毛がふくらんだ状態で髪をとかすと、摩擦で髪はダメージを受けます。

枝毛の原因もここにあります。


<理由2>
髪や頭皮を濡れたままにすると、蒸れて雑菌が増えます。

雑菌は湿気を好み、皮脂をエサにして増殖します。

雑菌によって皮脂が取られると、頭皮は皮脂を過剰に分泌します。

皮脂の過剰分泌は、毛が抜けて薄毛の原因になります。



でも、疲れているときや次の日が休みのときなんかは、乾かさずに寝てしまいたいですよね。

朝起きて髪の毛が爆発しているのを覚悟で。


しかし問題は、髪が濡れたまま寝るとキューティクルがめくれ上がってしまう点です。

キューティクルは再生できませんので、切れ毛や枝毛、パサつきの原因になります。


髪の毛の乾かし方

まずはタオルで水分を取るでしょうが、その前に特にロングの方は、髪の余分な水分を手で絞りましょう。

次にタオルドライをしますが、タオルでもむようにする人がいますが、これは髪を傷めてしまいます。

気をつけるのは摩擦です。

タオルで水分を吸収させるように、ていねいにおこないます。


美容師さんは、たいてい前髪からドライヤーをあてます。

前髪はクセがつきやすいからです。

前髪の次は根元を乾かし、ボリュームを出します。

そして髪全体を乾かします。


長年の自分なりの乾かし方があると思います。

摩擦だけ気をつければ、髪の毛が抜ける薄毛対策になります。