カリスマ美容師の薄毛対策に学ぶ

カリスマ美容師の薄毛対策とは

カリスマ美容師の薄毛対策に学ぶ


美容ライターの小澤佐知子さんは、次のように言っています。

「美容ライターとして20年間、延べ1000人以上の美容師と仕事をしたなかでわかったことは、売れている美容師は薄毛でないという事実。」

カリスマ美容師と呼ばれる人には、薄毛がほとんどいないそうです。

そういえば、カリスマ美容師にかぎらず、女性も含めて美容師さんってフサフサのような気がします。

でも、うちの近所の散髪屋さんのおじさんはハゲてる。


まぁそれは置いといて、

小澤さんは、取材からプロの美容師には、共通する3つの生活習慣があると言います。


1.カリスマ美容師はシャンプーにこだわっている。

2.血行促進のケアをしている。

3.薄毛になりだしたらパーマスタイルにチェンジする。


シャンプーへのこだわり

カリスマ美容師のほぼ全員が、頭皮クレンジング力に長けた高額シャンプーを使用しているそうです。

そして、その日のうちに頭皮の汚れを落とす習慣を心がけています。

また、すすぎに時間をかけ、指の腹を動かして頭皮に振動を与え、浮いた汚れを流していきます。


血行促進のケア

プロは、指の腹を頭皮にあてて、襟足から頭頂部に向かってマッサージをするようにして汚れを浮かせます。

こうすることで、血行促進につながり、毛根に栄養が行き届きます。

シャンプー後、タオルドライをし、頭皮用ローションや育毛剤使用します。


パーマスタイルにチェンジ

髪の毛が薄く見えるのは、1つの毛穴から生えてくる毛の本数が減ったり、髪の毛そのものが細くなるためです。

プロの場合、薄くなりだしたと感じたら、いさぎよくパーマスタイルにチェンジするそうです。


心得たヘアサロンでは、髪や頭皮にマイルドな薬剤を使用して、毛根に影響がないようにしてくれます。



記事元
「<カリスマ美容師>に「薄毛」はいない! ? 彼らには共通する<3つの生活習慣>が……」
HEALTH PRESS http://healthpress.jp/